当院では、2つのやさしい手技を組み合わせて施術を行っています。

 

 

 ※『当院での流れ』はずっと下にあります。

 


 

①DRT背骨調整(ダブルハンド  リコイル  テクニック)

 

東京お茶ノ水の治療院を持つ有名な『上原 宏  先生』が、上部頸椎カイロプラクティックの技術を約30年研究し続け開発された技術。

 

たった5分背骨を揺らすだけで、壊れた脳神経伝達システムを修復』させる施術です。

 

   ➡ 背骨を調整して『自然治癒力を最大化し、お客様自身で回復できる事に特化』した技術。

    全身の痛みや内臓疾患、自律神経失調症など、様々な症状に対応。

     (※感染症、緊急の手術を要するもの以外に全て対応)

    

 

※お客様に施術効果を体感していただく為、3ヶ所の圧痛検査(故意に痛みを出す)をしています。

大変申し訳ございませんが、この検査のみ痛みを出してしまいますm(__)m

 

 

◎DRT 背骨調整

・やさしく背骨にコンタクトし、体を左右に柔かくゆらします。背骨と骨盤を調整して全身の筋肉をゆるめます。

 

◎圧痛検査(肩)  

・肩を3ヶ所、故意に押して痛みを出します。

DRT後に再度同じ箇所を同じ強さで押し、痛みが減っている事をご確認いだだきます。

 

 

◎圧痛検査(首)  

・あらゆる不調の根本原因である頚椎2番の歪みを確認し、故意に押して痛みを出します。

DRT後に再度同じ箇所を同じ強さで押し、痛みが減っている事をご確認いだだきます。

◎圧痛検査(ふくらはぎ)

・ふくらはぎを5ヶ所、故意に押して痛みを出します。

DRT後に再度同じ箇所を同じ強さで押し、痛みが減っている事をご確認いだだきます。



◎自然治癒力とは?

 

人間の身体は、神経が身体中に張り巡らされて脳と繋がっており全て厳格に管理されています。

    ⇓⇓⇓


 ◎自然治癒力が低いとは?

 

しかし、日々の疲労や崩れた姿勢により、背骨にズレが生じてきます。

 

すると、神経の伝達が阻害されて脳が身体の悪い所を認識し辛くなってしまうのです。

(自然治癒力が低い状態)

    ⇓⇓⇓


 ◎自然治癒力が高いとは?

 

脳がしっかりと悪い箇所を認識できていれば、脳は即座にその箇所の治癒に移ることができます。(自然治癒力が高い状態) 

   ⇓⇓⇓


 

 

 
これらの歪みを修正する為には上部頸椎カイロプラクティックという手法が必要ですが、とても高度な技術を要しますし、バキバキと首の矯正を技術を無い先生方がされ、多くの事故が過去に起こりました。

 

 

 

しかしDRTはとてもやさしい刺激で なおかつ安全であり、とても気持ちが良い施術です。

 

 

 

 

世の中には様々な種類の手技療法があり、対症療法と呼ばれているものが沢山あります。

 

それは、腰が痛いなら腰を揉む、肩が凝るなら肩を揉む、というように、患者さんが痛いと感じる箇所に対して様々な手法でアプローチする方法です。

 


しかし、DRTは身体の中枢の一つである背骨を整えることで神経伝達を良くし、私たち人間がもっている自然治癒力を最大化して、お客様自身で痛みや不調から回復できるようにする『根本療法』です。

 

 

 

背骨が歪む理由としては、普段の悪い姿勢や疲労などが原因です。すると、脳はこれが異常と判断して背骨がそれ以上歪まないよう全身の筋肉を固めて守る働きが出ます。

 

しかし、DRTにより背骨をたった5分やさしくゆらし、背骨が整う結果として全身の筋肉はゆるんでいくのです。 

 

 

 

 

 

 

 


 

②無痛ゆらし療法(PST : Painless Swing Therapy)

 

道具や薬を一切使いません。また、一般的な押したり揉んだり骨をバキバキすることもしません

 「軽く触れて動かしたり・やさしく引っ張ったり・ここち良くゆらす」ことで、脳と体の自然な反応を利用しながら、多くの痛みの原因となる異常緊張した(硬くなった)筋肉を素早くゆるめる技術です。

 

     ➡ 柔らかな刺激により、心地好く痛みを短期的に取ることに特化した技術。

 

※医療先進国のドイツ、アメリカにも認められています。

 ドイツ国内の医師も、クリニックにて実際に『YURASHI』として施術されています。

※現在では、タイ、フランス、オーストリアでYURASHIのワークショップが開催されています。

 

 

 

 ※無痛ゆらし療法は、多くのメディアにも取り上げられています。

                          Caz

        MISS

                      Hanako


 

◎首の施術

・やさしく左右にゆらしながら、柔かく首に触れて筋肉をゆるめます。

◎ひざの施術

・やさしく上下にゆらしながら、柔かくひざや太ももに触れて筋肉をゆるめます。

 

◎腰、股関節の施術

・ひざをやさしく左右にゆらしながら、柔かく腰や股関節に触れて筋肉をゆるめます。

◎肩の施術

・ふんわりと手首を持ち、やさしく腕をゆらしながら、柔かく肩周辺に触れて筋肉をゆるめます。


 

※これらは施術の一部の手技です。

※実際の施術の際は、お顔にフェイスペーパー、全身にタオルをお掛けしております。

 

 

 

 


■なぜ、やさしい刺激が効くか?

 

私たちの体は脳と深い繋がりがあります。痛みや違和感という反応は、人間にとって体を防御する反応で、 ”もう頑張らないで休みなさい”  と体を回復させるように仕向けたり、危険から身を守るための“警戒信号”です。

 

そして身体に無理がかかると痛みを発するようになり、体(筋肉の鎧)を固めるはたらきが出ます。

 

これが脳の代表的な機能の一つ『防衛本能』です。

 
少し難しいので、イラストで見てみましょう。
     ⇓⇓⇓

 

強い刺激は脳が『危険だと判断』します。

 

すると、『脳の防衛反応』が働き筋肉を硬くして守るようになります。

 

しかし、筋肉を可動させながらやさしい刺激を与えてあげます。

 

結果的に脳がその刺激に安心し、もう守らなくても良いと判断する事で筋肉が緩んでいきます。

 

 

この脳の防衛反応を利用して素早く痛みを取り去っていくのが、無痛ゆらし療法です。


■当院での流れ

 

①料金確認・カルテ記入・お着替え

・まずは、『料金』『今日の流れ』をイラストを使いご説明いたします。

 

 

・カルテに住所、氏名、連絡先、症状、既往症等をご記入いただきます。

また、普段の生活についてのご質問があります。

 

※私は部屋から退出しますので、ゆっくりとご記入ください。

 

・その後、着替えをお持ちの方はお着替えしていただきます。

 

 

 

・ご記入が終わりましたら、ぜひ院内を見回してみてくださいね。

落ち着きましたら、テーブルの上にあるインターホンでお呼びください。

 

 

 

 

②カウンセリング・痛みについての説明

お悩みの症状について詳細をお聞きします。

・痛みの原因は日常の動作や姿勢にヒントがありますので、気になる点は何でもお伝えください

 

・痛みがなぜ出るか?を分かりやすいイラストを使いご説明いたします。(お勉強していただきます)

 

 ※お伝えする事は覚えなくて結構です。

 

 

 

 

 

 

③検査

・どの動きで痛みが出るか実際にやっていただきますので、痛みの度合いを覚えておいてください。

 

・施術後(施術中)にも再度検査をします。

 

 ・大体で構いませんのでお伝えください。

 

 

※当院の施術はその場で痛みが消失する場合も多いですが、基本的には2~3日後に効果が出てくる施術です。

 

 

 

 

 

④施術

まずは仰向けですが、痛みが強くでるようでしたらうつ伏せから始めます。

 

それでも痛みが出るようでしたら、横向き、椅子に座っていただき、痛みが出ていない楽な態勢で施術いたします。

 

※施術中に痛みが強くなったりした場合はすぐにお声掛けください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⑤説明

痛みや症状が出た原因や、どのように回復していくか? などを分かりやすいイラストを使いご説明します。

 

※わからないことがありましたら、遠慮なさらずに何でもご質問ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⑥アドバイス、日常の動作や姿勢の注意

・日常生活での負担の軽減の仕方、体の使い方、姿勢などのアドバイスをいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⑦ご予約・お会計

・領収書が必要の場合はお申し付けください。

 

 ・施術カードをお渡しいたしますので、次回からお持ちください。

 また、『施術後の注意・自然治癒力を上げる方法』が書いてあるプリントをお渡しいたします。

 

 

 お疲れさまでした。