■当院の様子

 

 

車を停めると、建物右側の壁に当院の看板が見えます。

 

右下の白い門から奥に進みます。

白い門の所に『営業中』の看板があります。

施術ルームまでには、季節毎のかわいいお花達がお出迎えいたします。

 

 

 

当院から見た南側の景色(春  4月頃)です。

 

一面のどかな畑が広がっています。

 

季節により菜の花、大根の花、ブロッコリー、ネギ、サトイモなどが見れます。

暖かい時期は網戸にしますので、小鳥のさえずりが聞こえてリラックスでき、落ち着いて施術を受けられます

 

 

 

平成28年11月24日の大雪の陽に撮った写真です。

 

術ルームの和室(個室)です。

 

陽当たりの良い院内は、お客様が落ち着けるような空間や音楽、香りなどに配慮しています。

 

誰もが良い香りと感じるフレッシュなフルーツの香りを選んでいます。

 

精神的に辛いお客様もいらしておりますので、お客様の症状により空間の香りも調整する時もあります。

当院の施術ベッドです。

 

東京で有名な施術ベッド専門店、『ラベンダーヒル』の増子さんと深く相談をして決めたベッドです。

 

増子さんは元々イギリスでお仕事をされていたので、デザインや色合い、もちろん受け心地が洗練されたベッドに仕上がっています。

フェイスレストは、ふんわり柔かく適度に沈み込むタイプの為、お客様から好評です。

 

使い捨ての高級フェイスペーパーを使用し、清潔に保っています。

最近は連れ添いのお客様2人でご来院いただく機会が多い為、症例冊子、アロマセラピー、ハーブティ、ストレッチ関連、リンパケア、その他 私の趣味の本などが置いてあります。

 

兄(小野調髪所)が毎月発行する『オノトコ通信』がお客様に大人気です^^

 

館林周辺のB級グルメや面白い情報、見どころなど、個性的なイラスト付きでご覧になれますよ~。(無料配布しています)

 

 

棚の中に、施術で使うタオルや無料貸し出しの着替え(ズボン、Tシャツ)が入っていて清潔に保たれています。

院内には25歳(現在39歳)の頃からの賞状が飾ってあります。

 

仰向けの施術中に目にされてみてください。

 

 ・無痛ゆらし療法

・タイ古式マッサージ チェンマイ式

 (ティーチャーコース レベルⅤ終了)

・タイ古式マッサージ バンコク式

・タイ古式マッサージ リフレクソロジー

・日本ボディセラピスト など

昔懐かしのボンボン時計です。

※よりリラックスしてもらえるよう、音の出ない設計です。

 

振り子がゆらゆら揺れて、気持ちを落ち着かせてくれます。

『お客様の喜びの声』を貼っています。

ボランティア活動やプロフィール、過去の私の写真を貼っています。

 

少しでも私の人柄を感じていただき、よりリラックスしていただければ幸いです。

お客様からご好評をいただいているアロマライトです。

 

やさしく程良い明るさで、こころが和むとのお言葉をいただきます。

 

 

院内より外を覗く。

通常は施術ルーム内で椅子に掛けてお待ちいただきますが、お子様の世話が掛かってしまう場合など、別室(小野調髪所内の待合い)でお待ちいただけます。

 

家族(父)、母、兄)が常時おりますし面倒をみさせていただいております。雑誌やテレビもございますので、くつろいでお待ちいただけます。(ゲームされていても大丈夫です)